佐賀の海産物

有明海

コノシロ(ニシン科)

コノシロイメージ

学名 Konosirus punctatus
英名 Gizzard shad


・地方名 (方言) :コノシロ、ツナシ、ハビロ
・主な漁場:有明海一円
・漁期と主な漁法:3~11月【投網、流し刺網、固定式刺網】

日本海側では新潟県以南、太平洋側では松島湾以南に分布、最大25cmに達する。内湾の岸近くの砂泥域にすみ、産卵期の初夏には海水と淡水が混ざる汽水域まで回遊する。

有明海では一般にツナシと呼んでいるが、最近では東京と同じように小さいものをコハダと呼ぶ。また、大きいものをハビロと呼んだりする。

背びれの一番後ろの軟条がアンテナのように長いのが特徴。植物プランクトンを好んで食べ、寿命は約4年である。

焼くと独特な臭いがするので、関東地方では焼き場の臭いといって好まれなかったこともあり、すし種として珍重されている。このため、有明海のコノシロは東京に航空便で送られており、これは東京都中央卸売市場での取扱量の多くを占めている。

小骨が多いので子ども達たちには敬遠されるが、骨切りにすれば刺身、塩焼き、唐揚にしておいしい。鮮度が落ち易いので出来るだけ早く食べた方が良い。

佐賀のり 佐賀の海苔 有明海一番 JF-NET 株式会社サン海苔 組合員の皆様へ
消費者の皆様へ
佐賀の海産物
旬のお魚カレンダー
料理レシピ