佐賀の海産物

有明海

メナダ(ボラ科)

メナダイメージ

学名 Chelon haematocheilus
英名 Red lip mullet


・地方名 (方言) :エビナ、アカメ、ヤスミ、ナヨシ
・主な漁場:有明海沿岸一円
・漁期と主な漁法:5~12月【固定式刺網、流し刺網、竹羽瀬】

近縁種のボラに良く似ているが、頭がボラより平らなこと、目と口の周辺が赤いこと、ボラより大きく全長1mに達することなどが特徴。九州以北、中国、朝鮮半島からアムール川に分布するが、九州では有明海にしかいない。有明海ではボラよりもメナダの方が多く、味も良いことから価格も高く珍重されている。

ボラは成長するにつれ名前が変わる出世魚の一つで、関東では最も大きくなったものをトドといい、「トドのつまり」の由来となっているが、メナダも有明海ではエビナゴ→エビナ→アカメ→ヤスミ→ナヨシと呼び名が変わる。

有明海での産卵期は春(4~5月)で、成魚、幼魚とも河口域等の沿岸や江湖にすみ、幼魚は春から秋にかけて河川の汽水域に入る。微細藻類やデトリタス(泥の中の有機物質)を主に食べる。目の脂瞼(まぶた)はボラほど発達しておらず、体側の鱗の基部に黒点がある。

ボラとは反対に夏においしい魚で刺身、あらい、塩焼き等にする。卵巣はボラと同じ様にカラスミ(長崎の名産で、卵巣を塩漬けにして干したもの)の原料ともなる。

佐賀のり 佐賀の海苔 有明海一番 JF-NET 株式会社サン海苔 組合員の皆様へ
消費者の皆様へ
佐賀の海産物
旬のお魚カレンダー
料理レシピ