佐賀の海産物

有明海

ミドリシャミセンガイ(リングラ科)

ミドリシャミセンガイイメージ

学名 Lingula anatina


・地方名 (方言) :メカジャ(女冠者)
・主な漁場:砂泥質の干潟域(主に早津江川河口)
・漁期と主な漁法:5~9月【手堀り】

貝の名前も付くし、一見二枚貝の仲間に思えるが、貝とは全く異なる触手動物腕足類の一種。数億年前から生存している地球上で最も古い「生きている化石」である。

二枚貝の殻が体の左右を覆うのに対して、この殻は亀の甲羅のように背腹を覆っている。また、殻は動物の骨の主成分である燐酸カルシウムと、エビの殻の主成分であるキチン質を多く含んでいる。

本州以南に分布するとされるが、主な生息地は有明海である。形は三味線に似ており、緑色をした光沢のある二枚の殻は三味線の胴の部分で、殻から伸びた管状のものがシャミセンの棹(サオ)に相当し、この棹のことを肉茎という。

干潟では、三味線を逆さに立てたような格好で砂の中に入っており、表面すれすれに殻(前端)が口を開け、殻の下側(後端)からは肉茎が伸びて、その先端には砂粒が多数付着している。殻を刺激すると肉茎が収縮して砂の中に入ってしまう。肉茎ははずれやすく、このため、完全な形で掘り出すには特別な漁具を用いて20cm以上も掘り起こす必要がある。煮付けて、殻から身を煮汁と一緒に吸い出すようにして食べる。いたって珍味。

同じ腕足類にオオシャミセンガイがいるが、これは日本では有明海だけにしかすんでいない。水深10m程度の砂泥質の海域に生息し、ミドリシャミセンガイより一回り大きく殻の色が茶色く、光沢がないことから簡単に区別できる。食用とはしない。

佐賀のり 佐賀の海苔 有明海一番 JF-NET 株式会社サン海苔 組合員の皆様へ
消費者の皆様へ
佐賀の海産物
旬のお魚カレンダー
料理レシピ