料理レシピ

ふるさとの味有明海沿岸地域の食材便り レシピ集

ワラスボの味噌汁

素材と分量

ワラスボ(生きた物) 2匹
玉ねぎ 80g
じゃがいも 120g
ねぎ 12g
味噌 32g
400cc

作り方

  1. ワラスボは頭と尾を先に取り、ブツ切りにして、内蔵を取り出しておく。
  2. 鍋で内臓を炒め、ワラスボを加えてさらに炒め水を加えてひと煮立ちさせ、玉ねぎの薄切りとじゃが芋の薄切りを加えて煮る。
  3. 野菜が柔らかく煮えたら、味噌を溶き、器に盛って小口切りのねぎを散らす。
*ワラスボは有明海の珍魚として、ムツゴロウと並んで干潟の代表魚です。漁期は7月から10月までといわれています。
*ワラスボは生きているのを料理しますので、昔から「嫁泣かせ」の食材のひとつでした。頭を取り、内臓を出すときには肝を別に取っておき、身はぶつ切りとします。
重要なポイント
  1. 身はぶつ切りしたら塩でよくもみ洗いします。(この下準備をすると特有の臭みがなくなります。)
  2. 鍋に取り出した肝を乾煎りして、塩もみしたワラスボを加えて炒め、水を加えてひと煮立ちさせます。
*ワラスボはおいしい出しがでますので、少量の味噌で味を調えましょう。

干しワラスボの揚げ甘辛

素材と分量

干しワラスボ 40g
揚げ油 適量
醤油 小さじ2
砂糖 大さじ1
小さじ2

作り方

  1. ワラスボは頭と尻尾を取り、軽く包丁の背などでたたいてから、3cm長さに切っておく。
  2. 油で軽く揚げる。
  3. 鍋に調味料を煮立て、2の揚げたワラスボを加えてさっと取り出す。
*干しワラスボはこのほかに、粉にして、胡麻や青のりなど混ぜてふりかけにして食べている。カルシウムが豊富で子どもたちに喜ばれています。
*この料理は酒のつまみとして、地域では古くから「集まりごと」の一品として食べられていました。
佐賀のり 佐賀の海苔 有明海一番 JF-NET 株式会社サン海苔 組合員の皆様へ
消費者の皆様へ
佐賀の海産物
旬のお魚カレンダー
料理レシピ