佐賀の海産物

有明海

クマサルボウ(フネガイ科)

クマサルボウイメージ

学名 Scapharca globosa ursus


・地方名 (方言) :サブロウガイ、ブーガイ
・主な漁場:水深5m以深の海域
・漁期と主な漁法:12月~翌年の3月【ヘルメット 式潜水器】、4~8月【肩かけじょれん】

サルボウ(モガイ)やアカガイの仲間である大型の二枚貝。サルボウよりかなり大きく、殻表には34~36条(サルボウ:32条前後)の放射肋があり、その上を紫黒色の殻皮がおおっている。国内の主な分布域は有明海であるが、瀬戸内海にも分布すると言われている。

有明海では西岸域に多く、底質は砂質から泥質の広範囲にわたり、サルボウよりも沖合の主に水深10~20mの海域に生息している。珪藻類等の植物プランクトンを餌として利用している。

産卵期はサルボウやハイガイとほぼ同じ7月上旬~8月上旬で、盛期は7月中・下旬と考えられ、ふ化後20日ほど海中を漂った後、足糸を出し、タイラギやクマサルボウの成貝、イタボガキなどの貝殻に付着する。付着期間はサルボウに比べ2~4倍長く、通常13~14ケ月後には足糸を切り、そこから離れ、海底にすむようになる。1才で殻長約3cm、2才で約5cm、4才では8cmを超え、最大13cmを超えると推定されている。

肉の色は本物のアカガイに比べるとやや赤みが薄いが美味であり、刺身やすし種として利用されている。

佐賀のり 佐賀の海苔 有明海一番 JF-NET 株式会社サン海苔 組合員の皆様へ
消費者の皆様へ
佐賀の海産物
旬のお魚カレンダー
料理レシピ