佐賀の海産物

有明海

シャコ(シャコ科)

シャコイメージ

学名 Oratosquilla oratoria
英名 Japanese mantis shrimp


・地方名 (方言) :シャッパ、ガネシャッパ、シャコ
・主な漁場:砂泥質の海域
・漁期と主な漁法:4~10月【えび三重流し刺網、げんしき網、ばかかご】

北海道から沖縄まで日本全土に広く分布し、沿岸の砂泥質海域に多い。有明海ではクルマエビやシバエビなどの刺網に雑魚(ぐざ、外道)としてかかって嫌われることも多い。エビ・カニ類と同じ甲殻類の仲間であるが、前脚(顎脚II)一対がカマキリのハサミのような形(捕脚と呼ばれる)をしているのが特徴。ちなみに英名はカマキリエビの意味。これで小魚やエビ、貝類等を瞬間的につかむ。

泥底にU字形の巣穴(生息孔)を掘る。巣穴の片方の入り口は大きく (直径 3~14cm) 、他方は小さい(同 0.5~3cm)。巣穴の断面は、かまぼこ型で底面は平坦で滑らか。その長さ(U字形の総延長)は体長6~12cmの個体で、40~80cmであり、餌を食べたり、産卵したりするのに快適なように、体が大きくなるほど巣穴も太く、長くなる。

産卵期は瀬戸内海で5~8月、博多湾では4~9月で盛期は6月であり、有明海でもこれとほぼ同じと思われる。メスは巣穴の中で卵を産み落とし、ふ化するまで14日ほど保護する。メスはほとんど保護にかかりっきりで、たまに餌をとるため穴を出る時も、脚で卵塊を抱えて持ち運ぶ。

寿命は3年~3.5 年程度で、最大15cmに達する。すし種として有名であるが、塩ゆで、煮付にしてもおいしい。旬は夏。

佐賀のり 佐賀の海苔 有明海一番 JF-NET 株式会社サン海苔 組合員の皆様へ
消費者の皆様へ
佐賀の海産物
旬のお魚カレンダー
料理レシピ