佐賀のり

のりができるまで

1. フリー糸状体蒔付け

フリー糸状体蒔付けイメージ

フリー糸状体をミキサーで細断し、海水中のカキ殻表面に蒔き付けます。

2. 糸状体培養

フリー糸状体蒔付けとフリー糸状体培養

フリー糸状体は、やがてカキ殻に穿孔し、カキ殻全面に繁茂して殻胞子を作ります。

3. 採苗

野外採苗イメージ

のりは海水中の栄養分を吸収し成育していきます。この間、浮泥や付着硅藻で網が汚れるため、干出させたり洗滌したりして丈夫なのりに育てます。

4. 育苗

のり網洗滌と摘採間近なのり網

5. 冷凍網

冷凍網入庫とのり網干し

2~3センチに伸びたのりは、網ごと適度に乾燥させ、−30℃の冷蔵庫に保存します。

6. 摘採

摘採イメージ

7. 製造

全自動によるのり製造

摘んだのりはよく洗い、ミンチにかけ、のりすき、乾燥、のりはぎ工程が一体となった全自動と呼ばれるのり製造器で乾のりにします。

8. 選別結束

選別結束イメージ

製造されたのりは、個々の漁家でよく選別を行い、100枚毎の束にします。

9. 検査

検査イメージ

のりは、各支所で集荷し、検査員により、等級格付けされます。

10. 入札

のり見付け風景

各支所で検査された乾のりは有明海漁協に集荷されます。ここでは、全国から集まったのり商社により入札が行われます。

11. 消費地

のり搬出作業

入札により、買取られた乾のりは、全国各地ののり商社に搬送されます。

佐賀のり 佐賀の海苔 有明海一番 JF-NET 株式会社サン海苔 組合員の皆様へ
消費者の皆様へ
佐賀の海産物
旬のお魚カレンダー
料理レシピ